handy37のブログ

40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

経済をまわすということ

「よくお金をつかって経済を回す」

ってなことを聞くが、ここ何十年デフレを経験している日本・自分にとっては、

高いものは悪、いいものを安く、不要なものにはお金を使わない。

安いものがあれば価格が優先、みたいなことが蔓延していると思う。

少なくとも自分は、そんな価値観だし、そういう意味では行動原理がお金(価格)に支配されていると思う。

 

先日、ピンサロに行った。

ここは価格破壊店で3500円~4000円くらいでサービスを受けられる店、キャストのレベルも悪くなくちょくちょくつかっている。

最安値になるのは、時間が限定だったり、メルマガに登録したり、指名なしだったり制限があるのだが、価格に支配されている自分には、

特定の誰かにという目的もなく、自分の性処理の一環として使っているので、最低限の値段で済ますことがほとんどだった。

 

ある日、何気なしに指名をして満額(7000円)を払ってサービスを受けた。

その時の嬢と相性もよかったのだが、相手が積極的に動いてくれて、楽しく、気持ちよく、普段より開放された満足する時間となった。

 

ほぼ倍の値段であるが、安価だけど、単調なサービス(嬢によりかなり変る)

当たりハズレが大きいけど安価、安定して気に入った嬢を指名するけど高価

どちらが自分にとって満足なのか考えると、後者な気がしてきた。

しかも、嬢の立場から考えたら、同額で同じサービスを受けようなんて考えが甘いか。

 

食品とか、食べ物に関してレストランでの値段は、

その素材、料理する手間、お店の立地、人件費とかで決まっていると思う。

代替品が多い素材で、あまり食事にこだわりのない自分にとっては無価値、

お金を払う理由には、なかなかならないものだった。

和牛は美味しいけど値段に見合わない、オージービーフや、アメリカンビーフで十分みたいな。

 

ただそれだと、経済がまわらない、高価格にお金を払ってでもよいサービスを安定して受けることが大事だなと、ピンサロ嬢に(間接的に)教えてもらった気がした。

自分の人生において、もう少しだけ豊かに満足するためにも、

もうちょっとだけ、お金を使うことに積極的になろうと思った。

 

失敗を恐れる人たち

遠くに出かけたときに、スマホで検索して評判の良い店を探して食事。

よく見かける光景だし、スマホが無い時代でもガイドブックとか、ドライブ情報誌とかで参考にしたりしていたものだ。

それは善意の情報を元に、ここに行けば現地の美味しいもの・楽しいことが出来ますよ、ってな感じだった。ユーザーもそういうものが前提であると思っていた。

 

広告が発達して、広告主がお金を出せば現地のものじゃなくても、もっと良い店があっても情報は公開されず、ユーザーはネットで見つけたお店に集中する。

YahooとかGoogleが世に出たときに検索エンジンの優位性みたいなことは考えもしなかったけど、こういうことなのかと思う次第。

 

そんな中 旅の同行者が、Googleで評判よかったので・・って理由だけで行列に並び、Googleの評判通りの感想を述べ、そこでその地に行ったことを自慢する

人生の実績を解除したと、SNSで報告を行う。

それは、ネットに、他人の意見に、流されているように感じた。

 

なぜそうなるのかと考えたら、損をしたくないんだろうな と思った。

時間的・経済的に、損したと思いたくない・・だから情報に流されて、情報がないものを選択肢からはずして、情報に流される。

 

旅行で損したっていいじゃない、旅の思い出だよ。

新しい発見、ネットにはない未知なるもの、そんなのは誰が発見するんだよ。

自分で見つけた喜びって、無難じゃ見つからないよ。

 

まあ、誰しも損したと感じたくはないんだろうから、性分なんだろうけどね。

損・得じゃなくて、未知なることに挑戦したと思うべきだよね。

最近の人たちの傾向として、損を損として考えてしまう。損することが大嫌い。

そんなことを突き詰めると、人生において損をしているような気がする。

 

ステレオタイプな人生・・アラフィフなおっさんは、それはかっこ悪いという価値観で育った人が多いと思う。

レールの引かれた人生、終身雇用・・そんなろRockじゃねぇ

終身雇用、現在ではもはや通用しないし、大多数の人がそうじゃない生き方をしている。

でも現実は、ネットに踊らされれいるような・・。

 

失敗してもいいじゃないか、これを教訓に新しいことが出来るんだし、もっとチャレンジをしないとなぁ、自戒をこめて。

 

おっさんを極めるということ・・

自分が年齢を重ねるにつれて思うこと、感じたこと

世間一般的に言えば、「おっさん」ということなんかなと思う。

 

中には年齢にふさわしくなく若々しく、

エネルギッシュで、経済的にも成功して、ポジティブで、魅力的な人も

極々少数はいるだろう、そんな人は別格、稀有な存在。

そんな人は若い女性にも魅力的に感じるんだろう。

 

普段の仕事に追われて、日々なんとなく生きていて、

体の衰えを感じ、最近の若いものは・・なんていったりするのが自分の周囲にはたくさんいる。そんな人がおっさんだし、自分もそんな日々を過ごしている。

別にそれに絶望とか悲観しているわけでもなく、そんなもんだと深く考えたりはしない。

 

そんなおっさんにとって若い女性は、恋愛の対象ではない。

快楽の対象とでもいうか、魅力は感じているが、自分が彼女等にとって恋愛の対象ではありえないことを理解している。

自分が、彼女等を魅力的に感じているのは事実であり、

もしかしたらという、一縷の望みを抱いていたりもする・・

そんな中、仮に割り切った関係で、若い人よりはある経済力でその魅力を分けていただいているのだ。

 

性行為には二面性があると思う、

単純に肉体的快楽を求めるものと、

お互いに精神的に欲して求めあうものと、

その両面があるときっと一番いいものだと思うのだが、

おっさんが若い女性に後者を求めるのは難しいし、おっさんたる自分はそれを理解してしまっている。

相手が無欲の愛で自分を必要としてくれている、肉体的にも精神的にも受け入れてくれること・・それはもうないだろうと思う。

せめて、金銭的なことで快楽の面を補ってくれることで自分は助けられている反面

、無償に悲しくなることがある。

 

誰かを必要とし、自分も必要とされるこんなことはもう自分の人生にはないんだろうか・・

どこかの風俗嬢が言っていた

「直前にお金を払ってたにもかかわらず、真剣に自分に恋愛感情を抱くのがわからない」とか

「相手をお金としか思っていない」

なんて言葉を聴くとやはりそうなんだよな。 と思う。

 

自分に奇跡は起こらないと思うと、若い女性は快楽の対象でしかない・・

そんな自分に、誰かに必要とされることはもうないんだなと思うと、

なんともいえない気持ちになる。

誰かを愛し、愛されるというのはどんな気持ちなんだろうな・・おっさんにはもうわからることはないだろう。

せめてお金を払ってその金銭分の快楽を享受しよう・・

性的な欲求がいつまで続くのかまだわからないが、それがあるうちは。

 

激論の中での考察

一年後の話・・ - handy37のブログ

前回 愚痴のように書いた内容、この心境は今も変わりない。

社長に呼び出されて話し合うことになった。

 きっかけは、些細な出来事であり、しょうもない話だとは思うのだが

 

 今まで鬱積したものが飛び出してきました。

  

自分としては、割と冷静でいられたほうだと思う、

自分なりの価値観と相違がありそれを説明するだけであった。

そんなさなか、自分が会社に対する不満も言うことになり、

前回書いた内容や、

「作業内容わからない人月計算で他社で出向して働くことにモチベーションはない」

「自社で開発を行うにあたり、そんな余裕(時間・リソース・資金)があると感じられない」

「社長は、自身の中ですでに指針があり それと異なる意見は求めていない」

 

勝算もわからないところにリスクをかけられない。

従業員を食わせなきゃいけないし、会社を倒産させるわけにもいなかい。

 

大変だ、そう思う気持ちは嘘偽りは無い。

社長は社長でもあるが、自分の先輩であり友達感覚もあった。

(組織としての儀礼もありつつ、言いたいこといえる環境とでもいうのか)

それを双方望んでいる節もあったし、お互いいい距離感ではあったはずだが、

指しや親しい仲だけで会う場所において、社長側が社長扱いしろと使い分けを望まれると 今までの積み重ねが崩壊してしまう。

 

それを当初わからず、誤解を生む言い方をしてしまったようだ。

自分個人の問題のつもりが、実はそうではなかったり変に認識されていた。

さらに、言葉足らずや語彙力の無さで加熱させてしまったのかエンドレスモード。

何期も会社を守ってきたプライドもあるだろうし、

現状の会社の苦労は社長が一番理解しているんだろう。

冷静に考えると、もっと言い方があったのかもしれないな・・あーあ。

そんな状況で社長が笑顔でわかった。とか言うわけもなく険悪な雰囲気で解散。

 

思うに相互不信であり、事の発端は自分の発言を敵意をもって受け取られてしまうといった印象か。

(根本がまるで違うし、理解しようとしないんだよな。感情論や個人の解釈の問題なんて誰もわからんよ)

幸い(?)なことに、冷却期間が入る予定なのでいい方向に動ければいいけど

社長も自分も頑固者なんで、なかなか難しかろうな。

 

ちょっと抽象的な内容だけど、自分の考えをまとめるにあたりまずは一考してみる。

箇条書きにかいてみると、

  • 会社の経営状況は順風満帆ではない
  • 人を雇いたいが能力のある人を集められるほどの魅力や資金はない
  • 皆苦労しながらも頑張っている。
  • 従業員を働かせるのは、会社の問題であって、仕事の内容によって従業員を攻める理由にはなりえない
  • (自身が)役員ならば、会社の問題に積極的に関与すべきはわかるが、自分は役員ではない。出向から戻ったばかりで会社の状況は何も知らない。
  • 従業員である自分がリスクをとって、責任とるからリスクのある仕事をさせてください ということはあり得ない。(これは仮にそういう状況があったとしても、社長が責任を取るようにするだろうが、だからこそクビを縦に振らないだろう)
  • 自分の能力を買ってくれてはいるので、おいそれとクビにはしたくない(?)。
  • 社長の思うような結果・仕事をもとめている。マネジメント、人材発掘、進行管理のプレイングマネージャー? しかしながら、自分はその中身はわからないし、こじれてしまった現在では、そんな会話はもう出来ないだろう

思うに、自分があまちゃんで、社長の社長たる部分を考えることができない

社長は、皆で共有する目的・目標が明確でない。

日々生き残ることで精一杯、そんな感じなんかな・・

肝っ玉母さん

いい年だがムラムラした欲求はある。

もうあと10年もすればそんなものを無くなるかもしれない、

金銭的に余裕があるし、若くて?元気なうちにそういったことを謳歌するのは人生を生きる意味でもいいのではないだろうか、あの時もっとやっときゃよかったとか思う前にまずは行動か。

 

老舗のソープランドに行ってみた、といってもソープは皆老舗か、もう増えることはないだろうし、事件や事故で減っていっているんだし、今のうちにもっといっておこう。

 

某大衆店、60分総額19000円、なんの前知識もなく来店。

写真をなんとなく選んでいざ御対面してみたが、

ちょっと ふくよかな女性。

でも若い自分(?)は最初の一回目は元気なので、ちょいちょいさわってみたら

「まずは一回しよっか」と子供をあやすようにことに及ぶ。

あっさり衝天・・そこから軽く世間話。

この道4年で、本業では介護関連の仕事をしているそうで、

男の対処のソレがまるで、介護をしているような手馴れた感じであって、なんか感心。

田舎から東京に出てきてにぎやかなところが好きな方で、田舎の暮らしはしたくないとか、明るく前向きな女性である。

彼女曰く、傾向として男性のほうが繊細で女性のほうが強いとか、メンタルが傷つくと途端に不能になるそうだ。

なんか女性の側にそんなこと言われると恐縮してしまうが、

確かに、女性の女性たる部分に興奮したり欲情するんだよな・・正直今回は欲情はしなくて単なる介護に近いかもしれん・・

行為をすることで、精神的にも満たされたり、生きる活力、コミュニケーション、自分の存在意義とかなんとも言えない満たされた気分になることがあるのだが・・

今回は、なんか消化不良であった。

 

2回戦目は、ローションまみれでもあって、感触がよくわからんという彼女の発言もちょっと男として自信を失う・・お世辞でも凄いといってほしいんだが・・。

 

女性なら誰でもいいとか、とにかくやりたいみたいな気持ちもあるが、

ことを終えて冷静になると、そうじゃないんだよな・・としみじみ感じた次第。

賢者タイムか・・)

この女性は伴侶としてはいい女性だよな、一緒にいて前向きになるし、明るい。

 

でも性欲の対象としては、なんか違うんだよな・・やっぱり人って難しいもんだ。

一年後の話・・

転職して現在の職場に勤めるようになってから一年超が経過した。

人生の集大成! - handy37のブログ

このときは、熱い気持ちがあって、今後の展開に期待に胸を膨らませていたのは事実。

実際にそれに向いた行動もとっていたけど、

やはり自分はあまちゃんなのか、世間知らずなのか・・

中小零細企業で新規に立ち上げを行うことの難しさ、スタッフ皆日々の仕事で消耗しており、新しいことをするだけのエネルギーも、資金も、情熱も無い。

 

自分一人で何でも決めてよくて、ドンドン話を進められるわけもなく、いちいち伺いを立てていたら時間は経過してしまい、あれだけ熱かった社長もトーンダウン。

その矢先、先行していた外注会社とのトラブルもあり、資金的にも苦しくなったようで、まさに災難が連続してやってきた。

そんな中でも社内のスタッフから公募してアイディアを募り、規模的に出来ることを探して自社ブランドで世にアプリを出すんだと動いたものの、こちらもトーンダウン。

最後には、皆で決めたアイディアも社長の一声でちゃぶ台返し

最初に皆で公募して、選挙で選んで、進めていたものが、やっぱり選挙は無効だ

といった感じかな・・まあ現場のモチベーションは下がるよね・・。

 

その後、入社半年後に他社に出向する形で日銭を稼ぐことになる。

(このまま会社の無駄飯くらいだと精神的に辛かったので助かったとは思う)

が、自社よりも長い期間他社で仕事をする形になり、愛着はわかないよ。

 

9ヶ月弱の出向期間も終わり、自社にもどるも仕事は無い・・

またどこかに出向することになるとの話になっているが、これって当初の描いたものとは違う世界。

仲間と楽しくゲーム・アプリを作って、それを継続して成功を狙う・・

皆が主役になれる職場、そんなのをイメージしていたのだが、社長が主役であり、すべてなんだよな・・

会社員として、それに不満は無いのだが、いかんせん言葉足らずな社長だし、

他社出向からもどっても 言葉も無いのかとか、釣った魚に餌はやらん(給料は払ってますよ)状態で、自分としては、ちょっとした言葉とか感謝がほしいのだが、妙なすれ違いが積もり、社長に対して不満がある。

小さな会社で社長に不満がある時点で、そこに在籍する理由なんてないよ。

 

結局この会社はどうなりたいのか、社長の頭にしかないし、

実際のところ社長の頭の中にもなくて、出たとこ任せであり、日々の仕事で精一杯。

従業員を食べさせることが一番であり、会社を継続させなくてはならない。

人を集めていい案件があればね・・というだけになってしまった。

そう仕事を取るためには人員を確保しないといけないし、人員を確保するためには仕事をしなければならない。

その場を如何に食いつないでチャンスが堕ちてくるのを待つ・・

これって・・どうなんだろうな・・自分が望んだものではないし、ある意味他人任せでしかないよな、社長がビジョンを持ってこれを世に出すんだとか、高いモチベーションがあればいいのだが・・

自分は、最近、世のため・人のため、笑顔になるような仕事がしたいと考えるようになった。それが出来る環境・ビジョンを共有できる人と仕事がしたい。

日々変わる市場で新製品や研究も出来ず、新しいことにもチャレンジできない。

いざ仕事を振ろうとしても、古臭い技術しかない そんな相手に新しい案件なんて・・

 

会社経営の難しさを感じつつも、フラストレーションがたまるし、ここに居てもなんか暗くなってしまうんだよな。

一度、仕事が当面ないなら休職とか出来ませんか? と聞いたら反対された。

日々稼がないといけない状況でもあるようだ・・

性の安売りについて考える

先日しょうもない記事を書いたけど、多くの方に読まれていて驚いている。

個人的には思ったこと、気になったこと、現時点での考え方を書いていくつもりではいたが、個人的な性癖とかエロについて書いたのははじめてだったので、こんな文章でも需要があるものなのか・・

 

最近の雑感をとりどめなく書く。

ここ数年は、ちょくちょく風俗に行くことが多くなった。

お金的にも困らない範囲で、月に1度くらいとかそんなの、

若いころは性的に盛んではあったが、お金がないし、度胸もないしで、エロ本、ビデオとかDVDでお世話になったもんだ。

 

これが40も過ぎると金銭的には問題なくても、そのエネルギーみたいなものは減少して、興味もなくなるものだ。 自分はまだエネルギーのあるほうだが、毎日自慰行為をしていた友人は、すっかりおとなしくなり、週に1度もしないとか言うし、朝立ちもまったくしなくなったそうだ。

 

その風俗だが、最近デフレが進んでいるのか、価格が安くなってさらにサービスが過剰になってきているような・・

よく行くピンサロなんだが、数年前の相場は6000円~8000円くらいだったのが、

最近は3500円~5000円くらいだったり、

追加のオプションでローターとか玩具がついてきたり・・回転したり

お土産におなカップくれたり・・その店は流行っていなかったのか数ヵ月後に閉店してしまったが(女の子も30とかそこらで、いつも同じメンバーだった)からそりゃ流行らんか・・

 

サービスを受ける側としては嬉しいことだが、サービスする側は大変だよね、

負担は大きくなるし、料金は安くなるし・・

自分の若かりしころ(1980年代)は、ネットもなくエロ本が情報収集だったし、まだ性に対してよのなかオープンじゃなかった時代。

どこからか、加速度的に性がオープンになり、ヘア解禁とか、裏物の流出だったり

その当時の性的なサービス価格は知らないけど、きっと現在より高価だったと思う。

AV女優のなり手も少なかったのが、いまじゃ年間どれくらいの人数がAVに出演しているのか・・

 

ビデオテープが発明されてVHSが勝利したのはアダルトビデオのおかげだったとか、そんな話がでるくらいだったのが、いまじゃネットで無料動画で裏モノがみれるとか、

そりゃ若者は、そっちに流れるよね・・お金ないし。

安売りされてしまうし、価値は下がる、負担は増える、なんだか悪循環。

 

よく最初の会話で、なんでこの仕事しているの? ってよく聞くのだが、

大半は、学生でアルバイト感覚とかおこずかい稼ぎ、学費を稼ぐとかそんなのが多い。

ピンサロなんで、軽い感じなんだろうか、もう少し高めのヘルス、デリヘリ、ソープとかいくと、会社員だったのを辞めてここで働いているって人が多いかな。

主婦とかそんなのも最近は多いよね、熟女でちょっとだけ安いホテヘルとか。

 

女の一生ってなんだろうな、シングルマザーで子供のためにデルヘルで働く女性とかテレビでみたけど、なんか考えてしまう。

知識とか、よの仕組みで救済される手段とかもきっとあるんだろう・・が、

無自覚や、安易に流されるとか、他人に迷惑かけたくないとか、それを食い物にする人々とか、まあ色々と複雑に絡んでいることは推察できる。

自分もその一端かも知れないのだが、でもそんなこと考えたらなんも出来なくなる。

 

歪んだ気持ちのある自分にとっては、それが妙にエロく感じてしまうこともあるのだが・・正統な報酬がもらえる仕組みさえあれば、需要と供給の仕組みなんだし、

色々とうるさく、世の中綺麗にしたいだけの人よりはいいかなくらいの気持ちではある。

 

そう結局は、需要と供給であり、昨今の若者の性に対する感じだと、需要は減り、

稼げない若者たちによる安売りがあり、性産業に対するデフレが進んでいるんだろうなと考えている。 なんか報われない話だが、人間の本質に近いサービスなのに情報産業とかによって衰退されるってなんか凄い話だ。