handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

肝っ玉母さん

いい年だがムラムラした欲求はある。

もうあと10年もすればそんなものを無くなるかもしれない、

金銭的に余裕があるし、若くて?元気なうちにそういったことを謳歌するのは人生を生きる意味でもいいのではないだろうか、あの時もっとやっときゃよかったとか思う前にまずは行動か。

 

老舗のソープランドに行ってみた、といってもソープは皆老舗か、もう増えることはないだろうし、事件や事故で減っていっているんだし、今のうちにもっといっておこう。

 

某大衆店、60分総額19000円、なんの前知識もなく来店。

写真をなんとなく選んでいざ御対面してみたが、

ちょっと ふくよかな女性。

でも若い自分(?)は最初の一回目は元気なので、ちょいちょいさわってみたら

「まずは一回しよっか」と子供をあやすようにことに及ぶ。

あっさり衝天・・そこから軽く世間話。

この道4年で、本業では介護関連の仕事をしているそうで、

男の対処のソレがまるで、介護をしているような手馴れた感じであって、なんか感心。

田舎から東京に出てきてにぎやかなところが好きな方で、田舎の暮らしはしたくないとか、明るく前向きな女性である。

彼女曰く、傾向として男性のほうが繊細で女性のほうが強いとか、メンタルが傷つくと途端に不能になるそうだ。

なんか女性の側にそんなこと言われると恐縮してしまうが、

確かに、女性の女性たる部分に興奮したり欲情するんだよな・・正直今回は欲情はしなくて単なる介護に近いかもしれん・・

行為をすることで、精神的にも満たされたり、生きる活力、コミュニケーション、自分の存在意義とかなんとも言えない満たされた気分になることがあるのだが・・

今回は、なんか消化不良であった。

 

2回戦目は、ローションまみれでもあって、感触がよくわからんという彼女の発言もちょっと男として自信を失う・・お世辞でも凄いといってほしいんだが・・。

 

女性なら誰でもいいとか、とにかくやりたいみたいな気持ちもあるが、

ことを終えて冷静になると、そうじゃないんだよな・・としみじみ感じた次第。

賢者タイムか・・)

この女性は伴侶としてはいい女性だよな、一緒にいて前向きになるし、明るい。

 

でも性欲の対象としては、なんか違うんだよな・・やっぱり人って難しいもんだ。

一年後の話・・

転職して現在の職場に勤めるようになってから一年超が経過した。

人生の集大成! - handy37のブログ

このときは、熱い気持ちがあって、今後の展開に期待に胸を膨らませていたのは事実。

実際にそれに向いた行動もとっていたけど、

やはり自分はあまちゃんなのか、世間知らずなのか・・

中小零細企業で新規に立ち上げを行うことの難しさ、スタッフ皆日々の仕事で消耗しており、新しいことをするだけのエネルギーも、資金も、情熱も無い。

 

自分一人で何でも決めてよくて、ドンドン話を進められるわけもなく、いちいち伺いを立てていたら時間は経過してしまい、あれだけ熱かった社長もトーンダウン。

その矢先、先行していた外注会社とのトラブルもあり、資金的にも苦しくなったようで、まさに災難が連続してやってきた。

そんな中でも社内のスタッフから公募してアイディアを募り、規模的に出来ることを探して自社ブランドで世にアプリを出すんだと動いたものの、こちらもトーンダウン。

最後には、皆で決めたアイディアも社長の一声でちゃぶ台返し

最初に皆で公募して、選挙で選んで、進めていたものが、やっぱり選挙は無効だ

といった感じかな・・まあ現場のモチベーションは下がるよね・・。

 

その後、入社半年後に他社に出向する形で日銭を稼ぐことになる。

(このまま会社の無駄飯くらいだと精神的に辛かったので助かったとは思う)

が、自社よりも長い期間他社で仕事をする形になり、愛着はわかないよ。

 

9ヶ月弱の出向期間も終わり、自社にもどるも仕事は無い・・

またどこかに出向することになるとの話になっているが、これって当初の描いたものとは違う世界。

仲間と楽しくゲーム・アプリを作って、それを継続して成功を狙う・・

皆が主役になれる職場、そんなのをイメージしていたのだが、社長が主役であり、すべてなんだよな・・

会社員として、それに不満は無いのだが、いかんせん言葉足らずな社長だし、

他社出向からもどっても 言葉も無いのかとか、釣った魚に餌はやらん(給料は払ってますよ)状態で、自分としては、ちょっとした言葉とか感謝がほしいのだが、妙なすれ違いが積もり、社長に対して不満がある。

小さな会社で社長に不満がある時点で、そこに在籍する理由なんてないよ。

 

結局この会社はどうなりたいのか、社長の頭にしかないし、

実際のところ社長の頭の中にもなくて、出たとこ任せであり、日々の仕事で精一杯。

従業員を食べさせることが一番であり、会社を継続させなくてはならない。

人を集めていい案件があればね・・というだけになってしまった。

そう仕事を取るためには人員を確保しないといけないし、人員を確保するためには仕事をしなければならない。

その場を如何に食いつないでチャンスが堕ちてくるのを待つ・・

これって・・どうなんだろうな・・自分が望んだものではないし、ある意味他人任せでしかないよな、社長がビジョンを持ってこれを世に出すんだとか、高いモチベーションがあればいいのだが・・

自分は、最近、世のため・人のため、笑顔になるような仕事がしたいと考えるようになった。それが出来る環境・ビジョンを共有できる人と仕事がしたい。

日々変わる市場で新製品や研究も出来ず、新しいことにもチャレンジできない。

いざ仕事を振ろうとしても、古臭い技術しかない そんな相手に新しい案件なんて・・

 

会社経営の難しさを感じつつも、フラストレーションがたまるし、ここに居てもなんか暗くなってしまうんだよな。

一度、仕事が当面ないなら休職とか出来ませんか? と聞いたら反対された。

日々稼がないといけない状況でもあるようだ・・

性の安売りについて考える

先日しょうもない記事を書いたけど、多くの方に読まれていて驚いている。

個人的には思ったこと、気になったこと、現時点での考え方を書いていくつもりではいたが、個人的な性癖とかエロについて書いたのははじめてだったので、こんな文章でも需要があるものなのか・・

 

最近の雑感をとりどめなく書く。

ここ数年は、ちょくちょく風俗に行くことが多くなった。

お金的にも困らない範囲で、月に1度くらいとかそんなの、

若いころは性的に盛んではあったが、お金がないし、度胸もないしで、エロ本、ビデオとかDVDでお世話になったもんだ。

 

これが40も過ぎると金銭的には問題なくても、そのエネルギーみたいなものは減少して、興味もなくなるものだ。 自分はまだエネルギーのあるほうだが、毎日自慰行為をしていた友人は、すっかりおとなしくなり、週に1度もしないとか言うし、朝立ちもまったくしなくなったそうだ。

 

その風俗だが、最近デフレが進んでいるのか、価格が安くなってさらにサービスが過剰になってきているような・・

よく行くピンサロなんだが、数年前の相場は6000円~8000円くらいだったのが、

最近は3500円~5000円くらいだったり、

追加のオプションでローターとか玩具がついてきたり・・回転したり

お土産におなカップくれたり・・その店は流行っていなかったのか数ヵ月後に閉店してしまったが(女の子も30とかそこらで、いつも同じメンバーだった)からそりゃ流行らんか・・

 

サービスを受ける側としては嬉しいことだが、サービスする側は大変だよね、

負担は大きくなるし、料金は安くなるし・・

自分の若かりしころ(1980年代)は、ネットもなくエロ本が情報収集だったし、まだ性に対してよのなかオープンじゃなかった時代。

どこからか、加速度的に性がオープンになり、ヘア解禁とか、裏物の流出だったり

その当時の性的なサービス価格は知らないけど、きっと現在より高価だったと思う。

AV女優のなり手も少なかったのが、いまじゃ年間どれくらいの人数がAVに出演しているのか・・

 

ビデオテープが発明されてVHSが勝利したのはアダルトビデオのおかげだったとか、そんな話がでるくらいだったのが、いまじゃネットで無料動画で裏モノがみれるとか、

そりゃ若者は、そっちに流れるよね・・お金ないし。

安売りされてしまうし、価値は下がる、負担は増える、なんだか悪循環。

 

よく最初の会話で、なんでこの仕事しているの? ってよく聞くのだが、

大半は、学生でアルバイト感覚とかおこずかい稼ぎ、学費を稼ぐとかそんなのが多い。

ピンサロなんで、軽い感じなんだろうか、もう少し高めのヘルス、デリヘリ、ソープとかいくと、会社員だったのを辞めてここで働いているって人が多いかな。

主婦とかそんなのも最近は多いよね、熟女でちょっとだけ安いホテヘルとか。

 

女の一生ってなんだろうな、シングルマザーで子供のためにデルヘルで働く女性とかテレビでみたけど、なんか考えてしまう。

知識とか、よの仕組みで救済される手段とかもきっとあるんだろう・・が、

無自覚や、安易に流されるとか、他人に迷惑かけたくないとか、それを食い物にする人々とか、まあ色々と複雑に絡んでいることは推察できる。

自分もその一端かも知れないのだが、でもそんなこと考えたらなんも出来なくなる。

 

歪んだ気持ちのある自分にとっては、それが妙にエロく感じてしまうこともあるのだが・・正統な報酬がもらえる仕組みさえあれば、需要と供給の仕組みなんだし、

色々とうるさく、世の中綺麗にしたいだけの人よりはいいかなくらいの気持ちではある。

 

そう結局は、需要と供給であり、昨今の若者の性に対する感じだと、需要は減り、

稼げない若者たちによる安売りがあり、性産業に対するデフレが進んでいるんだろうなと考えている。 なんか報われない話だが、人間の本質に近いサービスなのに情報産業とかによって衰退されるってなんか凄い話だ。

 

性癖について考える、時間停止編

いい年のおっさんが何をと思うが、普段考えたことのまとめや、

こんなこと普段じゃなかなかいえないよなと思い書き記す・・

 

最近よく鑑賞するAVで、「時間停止もの」がある(笑)

ある程度ジャンル化しているので、そこそこ需要があるんだろうな。

 

子供のころに時間をとめられたら・・いたずら心や、悪いことや、楽しいことがたくさん出来るのに・・そんな童心の思いを具現化したシリーズ

AVなので基本時間停止後はエロいことをするわけだ。

 

有名掲示板のスレとかもみてると、

「9割がヤラセだから、はずればかりだ」といったジョークがあって最高。

すると、残りの一割は本物!?

 

時間を停止できる男は実在した!

山にこもり仙術を体得してこの能力を得た!

未来人のテクノロジー・・

 

まあ色々なシチュエーションがあります。

女湯、女子更衣室、男子禁制な場所に入ったり、エレベーターとか密室、

会社のオフィスや、まじめな場所でのムチャなエロいこと・・

 

時間を停止したら、だるまさんが転んだ状態で女優が停止してくれます。

ここで まばたきや、呼吸が移らないようなカメラワークや、動きで色々とそれっぽく色々とします。

まずはお触り、着脱したり、舐めたり、女優は甲斐甲斐しく停止してくれています。

まさに天国、夢の時間・・

いたずらはエスカレートして、変なポーズや、時折時間を流してそのギャップを楽しみます。(そう停止しているだけでは、やはり単調だったり、展開がマンネリで、飽きてきますのでよく使われる手法ですね)

また、男優が一人だとこれまた単調になるので、協力者がなぜかよく現れますw

 

以前自分がみたもので、女湯で3~4段の人間ピラミットを裸で作成していたはもはやギャグですが、下の段の女性は辛いだろうし、裸で転倒する恐怖もあるので大変そう・・お疲れ様です。

 

と、ここまでつらつらと書いてみましたが、

なぜ自分はこういったタイトルを好むようになったのか分析すると・・

1.自分の存在が無いほうがよい。

 =自分に自信がない、相手に評価されたくない、存在を消していたい。

2.相手に干渉をしたい、可愛い相手に抵抗されずにあんなこと、こんなことがしたい

 それを実現できる能力、あったらいいながある。

3.ルールと快楽のはざま 快楽に漏れるシチュエーションが楽しい

 若干Sっ毛があるのか?

 時間を停止して、動いてはいけないルール。

 そんな中で悪戯されて思わず声が出てしまったり、赤らんできたり、眉をひそめたり しているそんな女性の姿に萌える・・

 ルールがあり、そのルールを守らなければ・・理性で理解しているが、ついルールを破ってしまったり、その微妙な行動がエロさを増すとでも言うのか、

 最大に面白いところだったりする。

 よく出来たシリーズだと如何にリアルっぽくするのかに凝っているけど、自分はそんなことを求めていなくて、B級、C級でもいいからルールを守らなきゃって女優の健気な感じを出してほしいところ、ちょっと目が動くとこや、目線の動きがあるといいよねw

 

 ここまで書いて思うが、これって発明かもしれない

 ルールはなんでもよくて、それを守るためにエロいことされても我慢するシチュエーション。これを視聴者に理解させると興奮がある。

 すくなくとも自分は見たい・・エロのフォーマットとしては成立するような気がするな。

 時間停止シリーズは、童心の思いと、大人になったからこその部分とがマッチしたなかなかよいシリーズだと思うので、興味があったら見てみましょう~

 

能力が上がると仕事が増える?

自分の能力が上がると、よけいな仕事が増えるが、給料はそれに比例して増えるわけではないので、会社では能力を発揮したくないです。

そんなこという中途採用者がいた。

 

当時 その人の直接ではないが上司だった自分は、まあ困ったもんだと考えた次第ではある。こいつ面倒臭いな。

それなりにホワイトではあるし、無理して仕事をさせるってことも出来ないし、その人は、チーム云々より、さっさと定時に帰り、時間通りに働くだけであった。

チーム内でも浮いていたし、正論言って出来る人間きどり・・あまりいい状態ではなかった。

 

そんな会社の事業が失敗し、事業部ごと解散となりました。

皆転籍を求められ、ほとんどの人が転職をしていった・・

転籍先は、工場だったり遠方地であったり、ようは無言のリストラでもあったのであった。

 

そんな彼も転職活動をしていて、自分のかつての同僚が勤めていた会社に問い合わせたそうだ、「oxくんって、君がいた会社の元従業員らしいね? 履歴書みてるんだけど、彼ってどう?」

そんな質問はよくある話だ、人と也を知りたいなら共通の知人に聞けるのは近道だ。

 

仕事は、それなりにできるけど・・・積極的にお勧めするかは、判断に任せるよw

 

そんな感想としか言えないよね、別に嫌っているわけではないし、転職できたらいいねとは思うけど、友人でもある人から率直な話を聞かせてといわれ、率直に応えただけ、

実際に彼がその会社に入社して、そんな態度であったら、言ってくれよと言われるだろう。 聞いて採用するのかは、その会社の判断である。

言わないで困る可能性のあることは、伝えたほうがいいし、それが求められただけだ。

 

そう、自分一人で食っていけるだけの能力がなく、事業を起こしたわけでもなく、会社という組織にいる限りは

やはりそんな線引きをするほうが不幸というか、損だと思う。

自分が思っている以上に世の中狭く、人のつながりを大事にしないと駄目だと思う。

 

それがすべてじゃないが、人生においてそれに助けられたことのほうが多い。

お金や、その時の短い期間よりも、もっと中長期的な考えでことを進めないといかんよね、なにより助け合いの精神でいたほうが、精神的に前向きだと思う。

 

自分はスーパーマンで、なんでも出来るけど、ここじゃしないだけって人は、さっさと他所に言ってください としかいえないし、

スーパーマンは、ここ(会社)には居ないよw

女って・・・

ネットでよくみる、

女ってやっぱりサイテー、結婚は人生の墓場だ。

その他もろもろ・・色々な名言があったりする

哲学者や、多くの偉人たちが残した言葉がある。

でも、皆 自分はそうじゃない、そうならないと思って結婚したりするんだろうな。

 

先輩で、自分より年上(46歳)が2年前に結婚して、一年くらい毎週嫁と過ごす日々だった・・

最近会うと、一人の時間がほしい・・とぼやいていて、なんだか辛そうだった

やはり、そんなものなんだろうな。

幻想は抱いていないが、変に依存してしまうと、逆にギクシャクするような気がする。

お互い困った時、さびしい時に話し合いができるくらいの距離感、ペースが合うといい関係が築けそうだが、なかなか難しいんだろうな、相手があるもんだし

婚活をしているうちに、自分の結婚観とでもいうか、考え方が見えてきた。

 

先日、隣に座った家族(?)の会話を聞いていて思う、

どうやら、シングルマザーとその友人(男性)で、中高生くらいの娘2人と話をしていた。

娘に向かって、「ooちゃんは、将来結婚とか考えてるの?」

娘無言「・・」(めんどくさいなってな雰囲気)

男「お母さん的には、嫁には行かせたくないとか、ずっと養ってやる とかそんなんなの(笑」

母「いや、一度くらいは、結婚してほしいよねー、だってさびしいじゃん」

男「結婚して、すぐ離婚とかもあるじゃん、そうなったらどうする?」

母「それは、全然OK、だって慰謝料ふんだくれるじゃん、子供がいたら養育費で22歳までふんだくるよ、それが一番いいよね(笑」

母(娘に向かって)「あんた、結婚して子供できて離婚したら養育費は22歳までもらうんだよ!」

娘「・・・」

男「それって子供が大学までいった場合だけじゃないの?」

母「そんなの、話し合いじゃん、関係ないよ!」

てな会話を大声でしていた。

 

それを聞いて女って・・って思ってしまった。

娘の幸せとか、結婚した相手とか、そんなことはどうでもよくて、金の話かい・・

ネットで感化されてしまったとは思いたくないが、

よく電波系、メンヘラ女は地雷だ、女はクソだ、一人が一番・・

 

そんな「母」のような女だったら、やはりそう思うよな

屈折した見方で、それを娘に言い放って、それを娘がどう感じているんだろうか、

明るく、楽しい、幸せな家庭を想像するには、それなりな経験をして、それを実現したいとか、そう感じるほうが近道だと思う。

それを、こんな結婚観な人と毎日過ごしていれば、同居者もなんか屈折してしまいそう・・

 

まあ、現実にはそんなに甘くは無いし、いざ娘が困ったら全力でサポートすると思う。

母としては、弱音を吐くわけにはいかないが、お金が不十分とは感じている日々で

それが愚痴のような強がり(?)になっているとでも言うのか、

困った経験がある人は、きっと同様に困った人を助けるというか。

きっといいお母さんでもあるんだろう、でないと一緒に出かけたりしないだろう

強がりというか、発奮材料とか、そんなのかも知れない

半分本音で、それを強い口調で表現している・・と思う。

 

でも、そんな言い回しや、会話に付き合わされるのは、なんかシンドイよな・・

社会的に抑制されている一面もあるし、女性としてみられるストレスもあるんだろうけど、傾向として屈折した考えの人って男女問わず面倒臭い。

 

男だろ! 男なんだから稼いで当たり前、

女だろ、女なんだから、女のくせに、まあ どっちもそういうこと言われる状況になったら嫌な気分しかならないし、どうして性別で・・って話が変わるかw

ふってわいた50万円

両親がかけていた自分名義の生命保険、満期を迎えるそうで

配当金というか、掛け金が帰ってくるそうだ。

 

保険の対象は自分で、自分名義でもあるが、親が自分が子供のころから万一に備えて

支払い続けた保険。そのうち、お祝いに50万円くれるそうだ、ありがたい。

 

さて、それをどう使うか・・なんも思いつかない。

生活に困っているわけでもなく、貯金は一応あるし、あったら買いたいものもないというか・・結局貯金するだけなんだよな・・

このブログで何度か書いているけど、現在の自分がお金を貯める理由が弱くて、漠然とした将来不安くらい。 これだけのために今の貴重な時間を割くには割合が高すぎる。

もっと時間や、精神的な余裕がほしい とは思っている。

物とかじゃないんだよな・・

ブランド品とかに興味もないし、おしゃれするわけでもなく、

かかる金額に見合う価値を感じないものを買うことがストレスと思ってしまって、お金に支配されてしまっている。

もっと今の日々を充実させて、今後の生活に支障をきたさない範疇で、充実させるべきなんだけど、相変わらず、リタイア・老後の何日分稼いだとか考えてしまう・・

 

んーこれこそ、振ってわいたお金なのに、そのまま貯金じゃなぁ・・せめて半分くらいは、両親に感謝しつつ、その思い出になるような、こと、ものに消費して、現在の自分のため、両親のためにでも使いたいところだが・・

 

自分のためだけなら、10万円くらいの高級ソープでも行ってみるか!?

でも、それに見合うだけの価値ってあるのかな・・?

長期の休みでもとれれば、遠くに数泊する(沖縄、北海道、海外)旅行とか行きたいんだけど、時間の無さがすべてを台無しにしている・・

 

結局 (数年先の家賃を払えるくらいの)お金があっても、時間や精神的な充実がないと何も出来ないってことなんだよな・・それって、お金の有無じゃなくて、それこそ精神的な、考え方の問題。これを解決しないとなんも出来ない、これ書いてて思った。