handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

人生の集大成!

ものすごい偶然にも、スカウトというか、一緒にやろう!って言ってくれる人が現れた。

熱く語ってくれて、こんな自分に って素直に思えたし、

自分も腹割って話せた。プログラマとしては、中の下レベルだろうし、

自信もないし、今のプログラムのトレンドとは離れた、ロートルですよと。

 

それでも、一緒にやろうと、言ってくれて、わからないことがあれば隣で一緒に考えますよ! 問題は一つずつ解決していけばいいんです。

皆で成功しましょう! そのときは報酬もちゃんと出します。

自分がぼんやりと求めていた世界であるのは間違いなく、

プログラマだけど、企画や、デザイン、運営にも参加できて、

皆で前向きに良いもの作ろうって環境、成功を分かち合えるところ、お互いに成長できる環境、そんなこと場所なのかもしれない。

そんな場で、自分もその一員として、皆の力になれるように一生懸命できたら、

なんて素晴らしいんだろう!

自分も主役になれて、皆も主役、しかも、待遇は現在より良い!

 

断る理由が無い・・・それだけ腹割って話してくれて、自分を評価してくれるなんて・・逆にプレッシャーだがw

 

自分の開発スタイルは古臭いし、知識の量は少ない・・

でも、それはどこに行っても変わらないし、自分が成長しないといけないだけだ、

そんな最高の場を用意してくれて、何が不満なんだと・・

あと5~10年もすれば、もう引退を考えているだろう、

逆にあと5~10年くらい遮二無二やったほうが後悔はないはず。

 

新しい職場を紹介してくれた社長には頭を下げてお断りするしかないが、

そこは自分の人生なんだし、これだ! と思えた道が見えたなら進むしかない

 

猪木の詩じゃないけど、

「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

って気持ちだ、給料が、残業が、ライフワークバランスがーとか言ってないで、

一生懸命にやってみて、後はどうにかなるさと思うしかないよな。

熱く語ってくれる仲間ができたなら、なんかそれもできそうな気がしてきた。

この気持ちを忘れなければ、大抵の苦労は乗り越えられるような気がする。

 

とにかく、一度リセットして、原点にもどろう。

自分が好きだったものを思い出そう。