handy37のブログ

40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

干してあるブラジャーを見て思う

近所のアパートの物干し台に ブラジャーが干してあった。

よく通る道で、何度も目撃している。

小さな洋服もある、小さな女の子のもののようだ。

 

アパートの間取りを想像すると1Rとかだろし、

若いシングルマザーが、子供と2人暮らしなんだろうな。

仕事と子育てに一生懸命で、女であることを捨てて

母であることの現れのように思えてしまう。

 

自分は、40過ぎのおっさんで、大きなマンションに一人で暮らしている。

貯蓄も困らないくらいにはある。

このシングルマザーと一緒に暮らせれば、お互い幸せになれないかなぁ

なんて妄想をしてしまう・・

女性にとっては、かなり気持ち悪い妄想なんだろうな・・

 

そんな折、いままで白の下着だったのが、

黒いブラジャーが干してあった・・なんか心がざわざわした。

これは その女性にとって勝負下着とかなんかもな。

こんな妄想をするおっさんなんて相手にもされないだろうから、いい人を見つけて幸せになってほしい。

 

自分は年をとって、誰からも相手にされない日々が来ることを恐れて日々生きている。

悪足掻きはしている。足掻くことを止めたら、生きている意味をなくしてしまいそうだから。