handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

中小企業のエンジニアの憂鬱

中途採用で紹介のあったエンジニアと面談することになった。

我が社としてはエンジニアを募集をしているわけだ。

 

もともと、畑違いの会社で、

それがエンジニアを集めて、自社開発を行い アプリ市場に打って出るって寸法で、

自分もそう口説かれて入社した。

が、実際に入社してみてそのギャップに苦しんでいる・・

小さな会社で新しいチャレンジするには、時間も資金も人材も足りない、

企画一本考えるにも、妙な民主主義だったり、発想が既出だったり、かみ合っていない。

自分がそれを担うはずだったが、今じゃ出向して別な会社で働いている。

 

ここで新しい人が増えたところで・・ってな気持ちもある。

将来を見据えて、自転車操業ながらまずは人材を集めて・・ってなことなのかもしれないが、すでに現場は疲弊している。

やはり、どこかから大きな仕事を取って、一気に人材集めてジャンプアップするしかないと思うが、それはそれでリスクがでかい。

 

入社希望の人は、この小さな会社でどんなことをしたいのか?

指示待ち人間や、技術力を自ら上げていける人じゃないと、ちょっと厳しい。

やりたいことがあって、その実現のために会社を選んでいて、それがわが社とマッチするなら、ぜひほしいが、そんな人はなかなかいないだろう・・。

個人製作レベルのアプリ開発現場だ。それだったら個人・同人で十分だ。

 

会社としての立ち居地が現在微妙なんだよな。

大きなビジョンがあって、目標とする工程があり、その一歩とかならいいんだけど、

社長も別畑からで、プログラムとか、開発工程、これを実現するにはエンジニアが何人、期間とか、そんなことを知らない上に、理想論が多くて・・

 

エンジニアなら、サーバもクライアントもコンシュマーも同じだろうっとか、

何のノウハウも無いのに、他社と同じことをしたがる、出来ないと不機嫌・・

自分の価値観を変えない頑固な面もあり、ちょっと疲れることが多い。

 

んでもって社内エンジニアは、皆 出払っている現状で新しい人を入れるか・・

フリーランスな自分を拾ってもらった恩義もあるし、なんとか成果をあげたいところだが、このままではなんも進まないどころか、さらに疲弊して後退してしまうんだよな。

 

何かリスクをとって、

会社の給料を下げて、その分、受け仕事を減らして、自社開発するとか

(皆の不満が爆発しそう・・)

小規模開発会社にとって、毎月の給料を稼ぐのがどれだけ大変かは感じるのだが、

その先を目指すには、あらゆるレベルでチャレンジが必要なんだよな・・

人が疲弊して倒れるのを待つのか、業界の進歩についていけず、堕落するのか、

それがなんとなく見えてきている現状、リスクをとる必要があるのは理解できる、

それを望む人がどれだけいるのか、それが問題だ。

 

しかしながら、自分は、現状維持で良いと思っているし、アプリ開発なら個人で出来るじゃん・・と考えてしまっているw

これじゃいかんよな~