handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

離職する若者

自分が転職して入社した会社に3人の新入社員がいた。

彼・彼女らは、期待と不安を胸に仕事を始めたわけだろうが、

今月で2人も離職することになりました。

 

自分は、長いこと転職せずにこの年になったので、仕事を長く続ける大切さもわかると思うし、ここ数年で転職することによって色々と経験を積んだと思う、自分の能力とか、世間における立場とか、今後の生き方とかー

 

若者が離職をするのは、まあ理解できると思うけど、

彼等は どこまでの気持ちで辞めていくんだろう・・?

このまま、変に腐ってしまい社会からドロップアウトしないか?

そう考えると 悲しい気持ちになる。

やはり、この世は経験や実績がものをいうと思う。

 

人脈を作るにも、実績や能力がないと厳しいだろうし、人とのつながりや、相手にとって価値のあるもを出さないといけない、誰もボランティアだけではやっていけない。

今の日本なら、若くて健康であれば なんとでもなると思うのだが・・なんかもったいない気持ちになる。

 

弊社の人間は根暗なオタクが多く、笑顔もあまりないし、なんか淡々と仕事している感じもあるんだよね・・、リア充な人にはそれが物足りなく感じるのかもしれないな。

仕事は大変だけど、楽しい一面もないと、これが今後 何十年もやるの? って考えて、それは無いなと思うなら、改善する行動に移るか、さっさと別な仕事を探すべきだとは思う。

でも、なんとなく辛いとか、楽しくない、くらいの気持ちだと、どこに行っても変わらないと思うんだよね。

皆、それと向き合って、生きているって人がほとんどだと思う。

天職についてとか、楽して儲けて、毎日楽しく生きているって人は、そうそういないだろう。趣味とか、週末の楽しみがあってこその日々。

 

女性なら、仕事向いていなから、さっさと家庭に入るってこともいいと思う。

日本にはまだ専業主婦って文化も、よしあしは別にしてあるし、

若者も、どこまで考えた上で離職するのかが問題だと思う。

仕事がすべてじゃないし、人生どうとでもなると思うけど、ちゃんと仕事とも向き合っていたほうが、精神的にまっとうに生きていけると思うんだが・・

 

周囲との疎外感とか、自分の能力の無さを卑下してやめるとかは、ちょっともったいないかなと思う、

ここは、小さな会社だし、皆自分のことで精一杯な感じだけど、打ち明けてくれれば、よくしてくれる文化もあると思うのだがな~