読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

再転職への思い、ジョブスの言葉に勇気をもらって

再び転職について考えているのだが、

その理由は、また前回と同じく職場に対する不満。

 

前回は、周囲の人間を信頼できなくなったとか、孤立感、職場の雰囲気、会社・自分の今後の展望、自分の人生の閉塞感、私生活への影響・・

等々。

 

今回は、

・待遇の不満(6ヶ月働いても、仮に一生働いても有給が発生しない形態での契約)

・閉鎖的な環境、ワンマン部長の古臭いと感じてしまう環境、例えばPCモニタが1600x900で、これで十分だろうってな、考え方。従業員への仕事の効率化の提案とかもなく、言ったことができないのなら、お前が駄目だみたいな。

こうすれば良いとか、なんか提案も無いし・・結果、新しいことには発展しないだろう。(契約形態なんで文句はないが、こちらも長く居る理由はないわな)

・外様の人間だけの環境(上記)、正社員不在では、そりゃそうなるよなって思う。

・尊敬できる人間の不在、凄いなって人は居るけど、でも楽しそうとか、こうなりたいって人じゃない、自分もこうなりたいって人は居ない。

・職種のミスマッチ、自分の能力と、ここで求められる能力に相違があって、職場側も使いあぐねているように感じている・・誰も自分と仕事をしたくないような・・いちいち教えている余裕はこの職場には無い。

 

が、今思うことか。

 

んで、これから何したいのか考えると、・・・また思いつかない。

前回は、不満だけで、将来こうなりたいってことが無く転職して慌てた経緯があるし、

ここに居ては駄目だ、なにか動きださねばって思いが強かった。

今回は、ちゃんと考えて、これがしたいから職を変えるってしたいのだが・・

でも、何もないんだよなー

 

モヤモヤと、Webとかサービスとか、アプリとかで、楽しいことが提案できて、世のためになり、お金も食うに困らないくらい稼げればー みたいな理想論はあるのだが・・

 

そんな時にスティーブ・ジョブスの言葉で

明日死ぬとわかっていて、あなたはそのまま今日仕事に行くのか?

みたいなことを思い出す、

現在の自分がそれを問われたら、答えは「No」だ。

理由は、色々あるけど、これだけは はっきり答えられる。

人間いつかは死ぬ、それが明日とも限らない、だったら、その想いは大事にしたい。

 

この仕事を紹介してくれた人や、自分のために動いてくれた人。

その人には、契約継続を望まない話は、早めに伝えないとな。

それを伝えてから、周囲に自分がまた一からやる、ってことを伝えてそこからかなー。

 

最近読んだ複数の本で、

「もともと無かったものなんだから、失ったところで気にすんな」

みたいなことが書かれていた。

仕事もそんなもんだ、無職上等(・・凄く不安だし、世間的にも言いたくはないが・・でも、明日死ぬかもって思えば、それも怖くないと言い聞かせる)

 

自分なりの武器が無いのが辛いところだが、この半年で何かをみつけたい。