handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

ドリームハウス

何気なしにテレビ東京の完成ドリームハウスを見ていた。

大宮に新築の家を立てるって話で、家具職人の旦那(35歳)は建築を手伝い、時間をかけて安価で家を立てることを目指す・・・

可愛い子どももいて、よく出来た嫁もいて、幸せいっぱいだな

休日返上で、建築を行いこだわりの部屋を完成させていく姿は、充実した日々でもあるんだろう、職場の仲間が手伝ってくれたり、ああ素晴らしい~

 

ふと、友人が最近家を買うって話を思い出して比べてしまい・・

家を買うってことはやはり、前向きであるべきだ と思う。

 

その友人は、母子家庭で育ち、その母が痴ほうで要介護になってしまう。

仕事もしているが、そんなに給料は高くなく、築40年超の平屋住まい。

その家がとうとう、建て替えの為立ち退きになるってことで、家をさがすことになった。

彼は、あまり辛いとか、苦しいって感情は出さないけど、ここ何年かは明るくもなくなった。

昔はくだらないことでよく笑ったりしていたんだけど、最近は会うと、お互い愚痴っぽくなったり、病気自慢したり、なんか暗い話になりがち・・

もともとの明るい性格を知っているから、なんか寂しい気持ちがある。

ついつい愚痴とか、暗い話をしてしまう自分も悪いわけだが、なんか明るい会話にならないんだよな。

 

そんな中テレビでみた家には夢や、希望や、楽しい生活があった。

彼の家もそんな風にならないもんかな・・・自分がなんかサプライズのパーティとか開いてみたら彼も喜んでくれるかな、家を買うってことは凄い決心なわけだし、

望んだわけじゃないんだろうけど、でもやっぱり明るく、楽しい気持ちで買うべきだと思う。なんかいいアイディアないかな?