読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

ポイント厨の黄昏

財布を落とした・・

 

朝、出社前に財布の中身を確認して、そのまま出勤。

自転車で駅まで着いた時に財布がないことに気づく、どこかで落とした!?

慌てて逆戻りして探すも見つからず、自宅にも見つからず、落としたことすら記憶になく神かくし状態・・これが老いか・・感覚が確実に鈍っているな・・

 

財布を落としたなんて、何十年ぶりだ・・

警察に噴出届けを出して、クレジットカードを停止。

各カード会社に電話して、名前、電話番号、生年月日、住所とかの個人情報で停止できた。カード番号を覚える、伝える必要はなかったので一安心。

電話口で被害の確認もしてくれて、悪用されていないことを確認。

 

性善説をなんとなく信じている自分なので

きっと誰かが届けてくれるだろう、と期待していたが、かれこれ一週間

警察からは連絡無し・・

世の中殺伐としているのか・・・

拾った人間はしめしめ、バカな奴だなとほくそ笑んでいるのか・・悲しい

落とした以上、財布の中の現金が無くなるのはしょうがない、と思っているけど、

免許証とか、レンタルの会員証、お店のポイントカードとか、拾った人にはメリットの無いものだけど、落とした人には必要なもの、それは善意で届けてくれると思っていた。

財布拾った時は、現金はありませんでした、といえば済むこと。

 

が、されど見つからず・・

お店で買い物した時に、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれるのが苦痛になった・・

いままで溜まったポイントを放棄して、新規でカードを作るのは容易だけど、それをすると今までの過去の否定になったようで、我慢。

けど、それを聞かれるたびに、財布をなくした現実を痛感してしまう・・

すごく葛藤している日々。

 

石ころ帽子を被っているのか、ひょっこり出てこないものか・・

十年くらい使って、様々な財布の置き様をみていると、棚とかトイレとか、カバンの中にある様が思いついてしまって、なかなか現実を受け入れられない

 

一週間経っても出てこない現実をそろそろ受け止めなければ・・新しい財布買うか。