読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

転職エージェント

先月から転職サイトに登録してみたのだが、

熱心なサイトの担当者から、直電話。

「現在は情報収集だから・・」「まだそんな熱心ではない・・」と曖昧に答えていたのだが、「そんなあなたに、ちょうどいい情報がある」だの「ぜひ一度会いたい」だの

妙に熱心な人で、やんわりと答えていたのだが・・面談を行う段取りになってしまった。

 

結果、有給消化中のこの不安定な精神状態で、率直に相談できたのはいいことだったかも。

まずは名刺をもらって、自分の退職理由を説明。

今ではカオスでなんだかわからなくなってきたが、当初の思い、

仕事のペースとか、会社の将来性、自身の年齢(これがラストチャンス)、モチベーション、婚活、ライフワークバランス。

そんな話をして、もはやゲーム業界での仕事はモチベーションが上がらない、しかし、自身はゲーム業界どっぷりで他の業界で通用するのか不安である。

現在の年収より下がっても良い、派遣業務とかでも大丈夫みたいな話をした。

 

担当者は、あなたの年齢(42歳)では、転職はギリギリの年齢で、大きなステップアップは厳しい。給与水準も低い方でな無い

と厳しいご意見。

 

それは、もともと自覚していたこと。

給与は下がってもよいとか、ライフワークバランスを重視したい みたいな。そんな会社はゲーム会社の現場ではほぼゼロなのも知っている。あれは仕事が好きでないと、続けられないが、刺激的な環境である、現在のソーシャルゲーム全盛の中でも熱意ある人が仕事をするべきところ。

ゲーム以外の職種で、自身の能力が試せる場所を期待しています。

 

と話を一通りしたあとに、数十社紹介を正面に資料で提示された。あなたが良さそうと思う会社をピックアップしてみてください とのこと。

そんな中には、上場しているゲーム会社も混ざっているのだが、そんなところで働くきは無いよな・・。

IT系で仕事していたり、Eコマースの会社、BtoBの会社、色々あってなんか期待してしまう。待遇も正社員になっているし・・

自分の可能性が若干広がったかも・・希望した会社に、まずは自分の書類を一通り送って反応をみてみるそう。それを通過できたら、面接そんな流れらしい。

 

1時間半くらいみっちり話や相談して、終了。

先方は、こちらが転職できて、その転職先から成功報酬を受けとるのがビジネスモデルなので、一生懸命紹介してくれる。

最後に、そんなに卑下しなくて、希望年収も下げなくても、良さそうなので、まずはこの状態ですすめるみてはどうか

転職は間隔を開けると不利になるので、有給消化中に内定もらって出社までに間隔を開けることもできるので、とにかく続けることがよいそうだ。

色々参考になったし、世間勉強になったな。 外に出るのは良いことだ。