読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

思いは振り子のように・・

昨日、声かけてくれた人と直接会話。

急に決めたんで驚いている部分もあるようだ・・最終的に相談せずに、飲み会の会話だけで見切り発車してしまったことに反省。 冷静な状態ではなかったんだよな・・

自分ができること、やってきたこと、これからしたいことを軽く説明。

その会社で社員としてやっていきたいことを伝えた。

 

が、とりえあず受け入れ準備をするけど、基本自転車操業で、まずは受託として、個人事業主からはじめてほしい、それと、仕事が無い時期もある ってこと。そちらは承知していたことなんで、理解しているけど、正社員じゃないってのが、やはり不安・・

実際仕事してみて、この能力だけでは、厳しいな、と思われたらもう仕事ふってもらえなくなるんじゃないか とか、

確定申告や、諸々の手続き、健康保険、国民年金、世間知らずな自分には未知なることだらけ・・正直、面倒と思っているところもある。

会計士とか税理士もこれから探すとか、なんか突然 放り投げられたように感じてしまって

すごく不安・・

 

まずは、先駆者でもある同僚に相談しないといけないけど・・

 

会社の人たちと会話すると、「脱出おめでとう」とか「俺も秋にはやめる」とか

社内の雰囲気は相変わらずだし、ここに居る意義は感じない、リストラ的な人事もある、会社の悪評、未来の無い話ばかり。

ここまで来て、「やはり残らせてほしい」と言うことに抵抗がある、それを言うと骨を埋める覚悟にならないとだし、そんな覚悟は無い、早ければ数年以内に倒産、解散だろう。

 

その数年を我慢すれば・・とか、も考えるけど、現在の年齢の数年は、貴重。

これが転職のラストチャンスなのかもしれない、とか考えると、どーにもならない

やはり、声をかけてくれたことを信じて、自分の能力を引き上げて、やることになるんだろう、いや、やるしかない・・

ああ、苦悩の日々。