handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

中韓

中国・韓国を国籍だけで否定する人が多くて困る・・・

「だから、中国はー」、「韓国なんで、ダメー」

と企業・生産物・個人 なんでも国籍だけで判断している。

 

それを思想として、思う分にはまだ理解できるけど、

よかれと思って、押し付けてくるのは勘弁してもらいたいし、

いちいち主張して、我がもの顔になるのも勘弁してもらいたい。

 

どんな人種・国籍だろうと、人間なんだから、良い人、悪い人いるし

悪意ある人間はどこにでもいると思っている、もちろん、善意ある人間もいる。

そんな人達が集まったものが、企業だったりするし、生産活動をしているわけだ。

生産物が価格に見合わない、悪意ある製品かどうかを判断するのは国籍ではない。

そんな当たり前と思っている前提から話さないとダメなのか?

そんな人とは、会話が成り立たないし、ストレス&面倒。

 

日本を悪く言って国内の団結を固めるって手法も理解できるし

悪者にされてしまう日本側としては、困った話だ。

一度解決とされた話を 蒸し返されたり、

過去の話が 現在になって立場や認識が変わる 等の

言い分が変わるって、困った話だが、世の中そんなものだと思うのだが・・・

お互い利害関係があるし、いちいち感情的になる人は底が知れる

 

国家間の話なんて、特にルールがあってないようなものだし

歪みあっていて行き着く先は、戦争にすらなるんじゃないか?

そんなこと 望んでいるなら、それこそ会話になんかならないよな

 

それとも、日本人の悪事を見ることとは別に

なんかフィルターでも あるんだろうか?

日本も外敵を認識させて、団結しようって話なら、

賛同はしないが理解はできるが、世の中そんな方向なんですかね?