handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

ワーキングプア、搾取される若者

派遣で仕事をしていて、若者が搾取されているなと思うようになった。

経験や実績、人脈、交渉力がある人は派遣でも問題ないと思うのだが、

若く仕事のやり方とか、世の仕組みみたいなことを知らない人を誰でも出来るような単純作業(?)で酷使して、仕事が空いたらさっさと契約打ち切り、その人には仕事のやり方や、経験や実績なんてものは残らず 安い給料だけ支払われる。

 

若いうちは良いけど、年齢が経つにつれ徐々にきつくなっていくのではないか?

その人の成長とか、将来設計なんてことは会社は考えてくれない、いかに効率よく働かせるか それだけ。使い捨てのコマでしかない。

 

そんな風に考えるようになった。

さらに、真偽のほどはわからないが、知り合いの若者が、二重派遣で働いているようでさらに驚いた。

 

A社に所属していて、B社に派遣されたが、仕事の実態がなく、C社に出向されているってこれは完全に多重派遣で、労働基準法違反だよな!?

「その法律って知ってる?」とその彼に聞いたら知らなかったらしい

凄く薄給なのは感じていたが・・そんなことになっていたのか?!

 

面接の席で、C社の人間が

「俺は、君がどこの出身なのか知らないからな」と嘯いていたらしい

彼は、その時の意味がわからなかったらしいが、つまりそういうことかー

A、B、C社もすべてグルで、若者の賃金を不当にピンはねしているって絵なんかなー

だったら、C社の人間にも見返りがあるんだろうな。

(何か問題があっても善意の第三者で通すだろうし・・)

しかも、C社の出入りの業者である 確信犯のB社の役員は、架空取引で逮捕されていたり(ググッたら記事が出てきた、刑務所に居ないのは現在控訴中なんか?)・・根っからの悪人か、なんか恐ろしい世界だ。

 

仕事はある、それを餌に若者から搾取するってこと、それを正当な報酬として、仕事を与えてやっているんだって態度がまたムカつく。

こんなことがまかり通るようじゃ、政府がうたう 同一労働同一賃金ってのが仮に実現しても、その間に入って搾取するものが減らない限り若者は、うかばれないだろうな

なんか、利益のあるところに群がり、あの手この手で利益をかすみ取ろうってことか

自分がちゃんと働いた分や人に満足してもらってこその報酬だと思うのだが、

なんか世の中 自分が思ったよりはるかに厳しい現実があるんだな・・

凄く怖く思う。

 

働く意欲があるけど、仕事の仕方がわからないって人には、

いい会社、人にめぐり合うのは、運しかないんかなー

悪者のほうが目立つようにしているし、若者は安易に選らんでしまいがち

結果、その貴重な時間を奪われてしまうのは悲しい。

ちゃんと働いて、未来がある仕事をしてほしいもんだが・・

ネバーランドの住人でいいじゃないか

新卒からゲーム業界で、20数年働いていて、

ここはネバーランドだから、大人になれない連中ばっかり、とか

自分の言いたいことしか言わずに、協調性の無い連中に辟易していた。

漫画だ、アニメだ、ゲームだ、と言った日々。

(皆 ちゃんと働いてはいますよ、念のため)

社会情勢とか、世の中の流れに興味ないのか!?

今、世界は大変なんだ! この世の中の流れに置いていかれてしまわれないのか!

不安はないのか!?

 

自分がいい年になって、独り身で、こんな日々じゃ大人になんかなれないよ・・

もっと外の世界を見なくちゃ! と会社を飛び出した昨年の夏。

 

普通のIT会社に派遣でやってきて、50~60歳くらいのおっさんが、

それなりの地位をつかんで、その会社の流儀に従い仕事をしていた、

若い人も居るけど、そのおっさん連中に振り回され、消費されてしまっているようで・・それは、なんともいえない日々だった。

 

心のどこかで、仕事なんてそんなもんだ、

ここは、こういう流儀なんだから、それに従えばいいんだ。

と、思っていた。

 

ゲーム、アニメ、映画、キャラクター、想像の物語を熱く語る人々、

新しい技術や、ガジェットにわくわくしている人々。

そんな人はここには居ないのか?、居てもそれを表現する手段なんかない・・

社会情勢、世の中、これからの会社のあり方、そんなことを考えている人も居ない・・

皆、自分の家庭があり、日々お金を稼いでいるんだな・・

 

昨夏には、ライフワークバランス、人生を楽しむこと、尊敬できる人、新しい生き方の発見、自分の閉塞感のブレイクスルー、当時のしがらみからの脱出、このまま一生終わる寂しさ。

色々あったと思う。

どちらも苦労はあるし、仕事の側面もあるけど、大人の世界も何かが違った。

ネバーランドの世界でも、大人の仕事をしている人は居るし、その逆もしかり、

要はその人、当人の考え方、行動の仕方なんだよな。

と、当たり前のことに今更ながら気づく。

 

派遣契約終了で、大人の世界は終わってしまった。

そんな時に知り合いの会社から拾ってもらえた幸運があった。

再びエンタメの世界に参加できる喜び、ネバーランドの住人から、大人の世界も知った人として、楽しむことを純粋にやっていきたい。

 

まずは、ケモノフレンズでも観てみるかwww

恥じることなく、考えよう

契約終了の話だけど、

前回のブログで、自分がいたらなかったとか、必死じゃなかったとか、

自分が悪いから、契約が終了したんだ、俺はどうせ駄目だんだ・・

って気持ちにもなっていた。

何をするにも言い訳めいてしまうし、契約終了の事実はなんも変わらない・・

 

自分にとってはいい会社とは思えなかったし、

派遣、出向してきた人間を放置して、仕事しないってのは違った話、

プロパー不在で、ノウハウも貯まらず、むしろ消失しているだろうに、

自分が担当した箇所も、ろくに引き継がずに、終わるんだろうな。

その後トラブルがあったときにばたついて、誰かが部長に叱責されるって姿が目に浮かぶ。

 

色々あったけど、ポジティブに考えるしかないし、ここの仕事が終わるなら、さっさと次!

次の場所は、自分にどう働いてもらいたいのか、自分がどんな役に立てる、立つべきなのかとか、考えておきたい。

それがちゃんと話せて、前向きな議論ができて、毎日ちゃんと働ければ自分も成長できるんじゃないかなー

 

発言をする、話を聞く、長所を見つける!

出来ないとは言わない、出来る方法を見つける。

時間とか、お金とか、人のアサインは別な人が判断すべきものなんだから。

なんか、しがらみから開放されたんかなーこんな気持ちが一日でも多くなるよう がんばろうー。

 

人生の集大成!

ものすごい偶然にも、スカウトというか、一緒にやろう!って言ってくれる人が現れた。

熱く語ってくれて、こんな自分に って素直に思えたし、

自分も腹割って話せた。プログラマとしては、中の下レベルだろうし、

自信もないし、今のプログラムのトレンドとは離れた、ロートルですよと。

 

それでも、一緒にやろうと、言ってくれて、わからないことがあれば隣で一緒に考えますよ! 問題は一つずつ解決していけばいいんです。

皆で成功しましょう! そのときは報酬もちゃんと出します。

自分がぼんやりと求めていた世界であるのは間違いなく、

プログラマだけど、企画や、デザイン、運営にも参加できて、

皆で前向きに良いもの作ろうって環境、成功を分かち合えるところ、お互いに成長できる環境、そんなこと場所なのかもしれない。

そんな場で、自分もその一員として、皆の力になれるように一生懸命できたら、

なんて素晴らしいんだろう!

自分も主役になれて、皆も主役、しかも、待遇は現在より良い!

 

断る理由が無い・・・それだけ腹割って話してくれて、自分を評価してくれるなんて・・逆にプレッシャーだがw

 

自分の開発スタイルは古臭いし、知識の量は少ない・・

でも、それはどこに行っても変わらないし、自分が成長しないといけないだけだ、

そんな最高の場を用意してくれて、何が不満なんだと・・

あと5~10年もすれば、もう引退を考えているだろう、

逆にあと5~10年くらい遮二無二やったほうが後悔はないはず。

 

新しい職場を紹介してくれた社長には頭を下げてお断りするしかないが、

そこは自分の人生なんだし、これだ! と思えた道が見えたなら進むしかない

 

猪木の詩じゃないけど、

「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

って気持ちだ、給料が、残業が、ライフワークバランスがーとか言ってないで、

一生懸命にやってみて、後はどうにかなるさと思うしかないよな。

熱く語ってくれる仲間ができたなら、なんかそれもできそうな気がしてきた。

この気持ちを忘れなければ、大抵の苦労は乗り越えられるような気がする。

 

とにかく、一度リセットして、原点にもどろう。

自分が好きだったものを思い出そう。

I'm fire! 契約終了!

予想的中で、今月いっぱいで契約終了!

そんな予感もあったし、ここの職場に残りたい気持ちは無いし、以前の退職よりはなんかすっきりした気分だった。

 

が、紹介してくれた先輩に、早くも

「じゃ、次の案件で、○×社はどうだ?そこなら紹介できる」

って、今すぐ決めてくれってきたもんだ・・

 

この半年お前の働きっぷりを観ていたが、駄目だ。

一生懸命じゃないし、手抜きだし、仲間には冷たいし、空気が読めない

って体育会系なお話・・・

それは十分承知で、結果そんな態度だったとは思う、それで首切られて文句を言うつもりもないし、契約ってそんなもんだとは思う。

 

この会社では、派遣であろうと、積極的に動いて自ら仕事を見つけてないといけない場所であった。

どこもそんなもんなの・・?

指示待ちになっていたし、仕事無いときはさっさと帰宅していた。

言われたことは、時間がかかっていたが、一応できたと思う(仕事の内容レベルは低いんだろうな)

そんなにいい会社じゃないし、情報共有も無く、人を育てるって環境じゃない、システムは煩雑な管理で複雑 それを保守しているだけで手一杯。

他業界からやってきて、フリーランスのしょっぱなに来る会社ではないと思う。

(仕事を選べる立場じゃなかったし、雇ってもらったことには感謝しているけど)

 

が、たしかに一生懸命じゃなかったと思う。

それをして駄目ならしょうがないけど、そうじゃないってのは負い目を感じてしまう。

一生懸命にやっていれば、評価もされてもっと違う結果になっていたのかもしれない。

でも、自分の今のモチベーションは仕事じゃないんだよな・・・

 

そんなところで、矢継ぎ早に次の仕事を紹介されて、

これを決めないともう次紹介できるとこないよ。

って言われてしまうと、困る。それって脅迫だよと思うが、紹介してもらった恩もあるし、一生懸命にやっていないといわれてしまった 負い目・・

 

契約が口約束で、中間マージンを取られていることや、

次回から、契約の内容を知りたいって言ったら、そんなこと誰も言わないってなお言葉・・

仕事の紹介も、自分のために思ってくれているとは思うのだが、

このひねくれた性格で、ついつい自分が搾取されているのでは? 自分が働かないと困るのはあなた方のほうなのでは?

そんな失礼なこと口には言えないが、なんか考えてしまう・・

怒られているうちが花だとは思うし、自分自身ももっと前向きに生きていきたい。

今回の契約打ち切りを前向きに捉えて新しいステップにしたいのだが・・

 

いったん立ち止まってゆっくり考えたいのだが、もはや止まることは出来ないのだろうか・・

不穏な空気・・?

どーも、契約が打ち切られそう?

思うに、まあそうだよな とは思う。

今月は、プロジェクトには参加していないに等しい状態だったし、

簡易な作業に従事していた、周囲の人間も契約終了らしいし、なんで自分が残るんだと思っていた。

ちょうどプロジェクトの切れ目で、暇しているだけかなーとも思っていたが、

案件が少なくなってきたこともあるだろうし、もともとそういう会社なんだから

そんなもんだろう・・

 

個人的には、辞めてほしくないって言われて、他にいくくらいのことしたかったので、

ちょっと悔しい気持ちもあるが、ここで発奮するとか、仕事が楽しいって環境じゃないし、時間通り働きゃいいんでしょって気持ちでもあったからな~

お互いミスマッチだったんだろう。ここに居たいって気持ちは無いから、さっさと次と考えられるだけよかったかな。すべては、明日の打ち合わせでわかるんかな?

 

そんな矢先に、会社経営している知り合いから、プログラマを探してるんだけど、どう?

みたいな・・でも、ゼロからの開発になりそうだし、自分一人でやっていくには・・

給料はおそらく安いだろうし、ちょっと厳しいだろうなー

 

エージェント雇って、すでにサービス運営しているようなところでノウハウを学ぶとか、そんなのが理想なんかなー

 

リタイアと労働生産性について

仕事をリタイヤするにあたってよく言われている(?)のが、

50歳で5000万円の貯蓄があれば、そこから仕事を一切しないでリタイヤ生活ができるってことらしい(なんかの記事でよんだのかな? 自分の思い込みなのか? そんな目安を考えている)

80歳まで生きるとして、30年で5000万円だから、年間 約166万円。

月10万ちょい・・、これだと厳しいよな?

65歳で年金もらうってことで、その時点で3000万弱の貯蓄で減少幅が極端に少なくなる前提なのかな?(年金お知らせ便とか読むと、8万くらいもらえそう)

 

逃げ切り計算機

とかで色々と考えてしまう・・が、

完全リタイヤして、日々ただ生きるってのは辛いだろうな とか

贅沢や、旅行もできずに、何もしないってことなのか・・

貯金は日々確実に目減りしていくのでは、精神的に辛くて、自分の性格では耐えられない気がする・・

 

でも、仕事ばかりの日々とはおさらばしたいし、

それこそ、仕事のためだけに生きているようだし、体壊してしまったら元も子も無い。

しかしながら、そもそも、5000万円もの貯金は無いw

現実的には、セミリタイヤ。労働時間、収入は半分くらいで貯蓄を保持したまま、人生楽しんで生きていくってことなんだが・・

働き方改革ってのは、どこまで進んでいくのだろうか

今の日本では、息苦しいし、もっと仕事の多様性があったりしていいし、労働生産性の低さにはがっかりしてしまう・・

 

街を歩いていて、ティッシュ配りの仕事をしている人をみかけた。

自分がそれをしている姿を想像したら、無理だと思ってしまった。

ティッシュ配りは、その周囲の人々に対象を宣伝するってことだと思うけど、もらう側は、そんなことCMには見向きもしない人がほとんど、道でウロウロしているその姿は、邪魔者扱いだ。

こんな古臭いことで、何時間も立ちっぱなしで、邪魔者扱いされて、しかも報酬は、配った個数で決まったりしていたら・・

 

目的は宣伝、集客。

だったらもっと別な効率の良い方法は無いのだろうか?

興味のある人が自然と集まる仕組みを考えられないのだろうか?

目的がティッシュを配ることになってしまっているから、子供とか、老人とか、外国人とか、目的となる客にはなりえなそうな人にも配っているわけだ。

そんな非効率な職業は、きっとたくさんあるんだろうな・・労働生産性があがらないと、セミリタイヤの道は厳しいだろうなー

 

今後自分ができることは、今後体力的、モチベーション的に下がるんだろうし、

生産性の向上は喫緊の課題だと思うんだがなー。