読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

handy37のブログ

前職ゲームプログラマー、40過ぎてフリーランスになった。独身アラフォーなおっさんが、日々思ったことを書いていく。 婚活、仕事、人生観を書いたり、共感してもらえることがあると嬉しいです

再転職への思い、ジョブスの言葉に勇気をもらって

再び転職について考えているのだが、

その理由は、また前回と同じく職場に対する不満。

 

前回は、周囲の人間を信頼できなくなったとか、孤立感、職場の雰囲気、会社・自分の今後の展望、自分の人生の閉塞感、私生活への影響・・

等々。

 

今回は、

・待遇の不満(6ヶ月働いても、仮に一生働いても有給が発生しない形態での契約)

・閉鎖的な環境、ワンマン部長の古臭いと感じてしまう環境、例えばPCモニタが1600x900で、これで十分だろうってな、考え方。従業員への仕事の効率化の提案とかもなく、言ったことができないのなら、お前が駄目だみたいな。

こうすれば良いとか、なんか提案も無いし・・結果、新しいことには発展しないだろう。(契約形態なんで文句はないが、こちらも長く居る理由はないわな)

・外様の人間だけの環境(上記)、正社員不在では、そりゃそうなるよなって思う。

・尊敬できる人間の不在、凄いなって人は居るけど、でも楽しそうとか、こうなりたいって人じゃない、自分もこうなりたいって人は居ない。

・職種のミスマッチ、自分の能力と、ここで求められる能力に相違があって、職場側も使いあぐねているように感じている・・誰も自分と仕事をしたくないような・・いちいち教えている余裕はこの職場には無い。

 

が、今思うことか。

 

んで、これから何したいのか考えると、・・・また思いつかない。

前回は、不満だけで、将来こうなりたいってことが無く転職して慌てた経緯があるし、

ここに居ては駄目だ、なにか動きださねばって思いが強かった。

今回は、ちゃんと考えて、これがしたいから職を変えるってしたいのだが・・

でも、何もないんだよなー

 

モヤモヤと、Webとかサービスとか、アプリとかで、楽しいことが提案できて、世のためになり、お金も食うに困らないくらい稼げればー みたいな理想論はあるのだが・・

 

そんな時にスティーブ・ジョブスの言葉で

明日死ぬとわかっていて、あなたはそのまま今日仕事に行くのか?

みたいなことを思い出す、

現在の自分がそれを問われたら、答えは「No」だ。

理由は、色々あるけど、これだけは はっきり答えられる。

人間いつかは死ぬ、それが明日とも限らない、だったら、その想いは大事にしたい。

 

この仕事を紹介してくれた人や、自分のために動いてくれた人。

その人には、契約継続を望まない話は、早めに伝えないとな。

それを伝えてから、周囲に自分がまた一からやる、ってことを伝えてそこからかなー。

 

最近読んだ複数の本で、

「もともと無かったものなんだから、失ったところで気にすんな」

みたいなことが書かれていた。

仕事もそんなもんだ、無職上等(・・凄く不安だし、世間的にも言いたくはないが・・でも、明日死ぬかもって思えば、それも怖くないと言い聞かせる)

 

自分なりの武器が無いのが辛いところだが、この半年で何かをみつけたい。

 

こんな私が東大に・・と同じことか?

こんな私が東大に・・・

ってどこかの予備校だかのキャッチフレーズだったかな・・

長いこと婚活をしていて、自分が出した結論は、それと同じ心境の女性でも見つけないと結婚なんてできないだろうなってこと。

 

婚活をして2年くらい、そんな中 数名とはデートするくらいの仲にはなって、ちょっといい感じになることもあったが・・徐々にフェードアウトして、疎遠になってくる。

同じ展開が何度か続いて思うのは、

自分の性格が退屈で、つまらないってことだろう・・

 

根底にある無気力・マイナス思考、夢もやりたいことも特に無く、なんとなく楽しいことしたいとか、他力本願、自分語りが多く、他人に興味を持たない・・極端に書くとこんな感じか。

特にスペックが高いわけじゃないし、誰が相手してくれるんだか・・

自分が女でも、こんな男じゃ嫌だよな と思う。

 

そんな自分が嫌で、変えたいと思って、色々とあがいているけど、駄目だな・・

一人だと甘えてなんもしなくなる、継続できない。

理想は、パートナーと一緒に変わっていきたいってことだけど、それももう厳しいのかもしれない。

 

相手も婚活をしているということは、結婚を諦めていないわけで、

結婚できれば誰でもよいかって言うと、そんなことはなく、経済力とか、容姿、価値観、とか色々と(妥協はありつつも)希望はあるだろう。

どうせ結婚するならー、最低限はこれくらいー、この人は生理的に無理 とか。

自分も含めて婚活をする所以でもある。

 

そこで、「こんな私が結婚するなんて?!」みたいな

結婚とかを意識していない人にこそ、自分とマッチするんだろうなと思う。

 

たとえば、シングルマザーとか

子育てで一生懸命で、自分より子供の幸せを考え、結婚なんてもう沢山。

そんな人になら、こんな自堕落な自分でも、相手にしてもらえるかもしれないし、その人の助けにもなるかもしれない、そこから自信を持って、家族のためにがんばるーみたいな。

 

と、都合のいいことばかり考えてしまう、が。

要するに自分のスペックや性格、精神状態では、婚活しても、相手とよい仲になる可能性は限りなくゼロに近いってことだ。

 

自分が魅力的な人間になる

一緒に居て楽しい、これからの人生を一緒に過ごしたいと思える人間にならないと、

妥協の産物で結婚することになるだけだろう・・そんな相手となら、お互い不幸になるだけだ

 

自分を変えるには、今のだらだらと仕事して、時間も無く、疲弊してしまう日々とは決別しないとな・・

仕事がすべてじゃないとは頭で考えているのだが、毎月の収入が無くなる恐怖。

フリーランスでやっているのだから、それは望まなくても来ることだろうし、自らいったん立ち止まって、これからのことを考えたい

 

このままじゃ、いいパートナーとは出会えない、

結果一人で生きるなら、今のうち好きなことすりゃいいじゃん、人生一度きり、

好きに生きて、楽しいこと見つけて、魅力的な人間になって・・いいサイクルでまわるかもしれない、そんな可能性がまだあるかもしれない。

 

夏ごろには、仕事を辞めて、

四国とかお遍路で周るとか、長期の海外旅行とか、なんかわかりやすい経験を一度してみて、そこからまた考えてみるかなー

 

契約解除の申し出も、こちらから言うのは申し訳ないけど、人生の袋小路から脱出しないとな・・

物を捨てられないのは・・

子供の頃から、物を集めるのが好きだった。

切手、キン肉マン消しゴムとか、そんなのから始まり、並べてはニヤニヤしていたものだ。

でも ある日さめて集めることを止め、引越しを気に色々と整理したりして日々過ごしていた。

さらに数年前の引越しを気に、色々と整理を進めて、シンプルな家に住んでいたと思う。物に固執しなくなったし、家具とかも必要最低限だし、新しいものを買えば、古いものを捨てる。ごく当たり前な日々。

 

そのはずが、ここ数ヶ月、どんどん物が増えている・・整理もできてなく

煩雑にカゴに入れて積まれている。

整理整頓が好きだし、シンプルな生活がしたいのだが、物が捨てられない・・

使わなくなったPCパーツ、中身が不明なHDD、もう読まない漫画、数年着ていない洋服、何年も使っていないスノーボードの板。

 

最近の日々で、心に余裕が無くなったからかもな、と漠然と思う。

必要ならばまた買えばいいとか、今の生活には不要な物だ。置き場所も無い、のだが、昔の集めた思い出や、かつて好きだったよな、ってな気持ちだけで捨てられない。

今はまだ平気だけど、この精神状態を変えないと ゴミ屋敷みたいな生活になりそう・・

 

心の安息がない休みだった。

この三連休は誰とも会わずに、ただテレビを見るだけだった。

時折、スマホのタイムラインを眺め、ソシャゲのAP回復でだらだら、昼から酒を飲んでしまう、なんの生産性も、思いもなく ただ時間が過ぎて、心がすさんでいくようだ。

 

周囲の友人は、子供がまだ小さく家族サービスしていたり、親の介護をしていたり、休日も忙しく動いている。

自分だけ置いてけぼりだ、いずれ自分も親の介護とか始まるのだろうと、漠然とした不安。

 

心のどこかで、過去ばっかりみていては駄目だ、とにかくどこかに進むしかない、正解なんてないんだから、進むしかない と思うのだが、

一人で過ごす日々では、とにかく心が動かない、物は増え続けてしまいそうだ・・

新年にて思うこと、婚活と働き方

あけましておめでとうございます。

この雑記ブログは、いつまで続くのだろうか・・

たぶん心の安息ができたら、終わるのだろうが、そんな予定はない。

 

現在のところ、書きたいことが浮かんでは消えて、残ったものをなんとなしに書いている、精神安定にもなるし、考えをまとめるにはいい、

また誰かが読んでくれているってこと、共感してもらえることも素直に嬉しい。

 

そして、このお休み6日間(12月29日~1月3日)まであったのだが、

正直少なく、明日から仕事と考えるともう憂鬱。

 

人生いったん立ち止まって、

自分のやりたいこと、目指したいこと、生き方、お金、パートナー、家族

とか じっくり考えたいのだが、なんと無しに過ごしてしまった・・

やはり、限られた時間じゃなくて、答えが出るまでじっくり考えるようなことじゃないと無理なのかもしれないな・・その結果6日間で答えがでるくらいの余裕がほしい。

どこか遠くの温泉宿とかで、ゆっくり過ごすとか、俯瞰して自分の人生を眺める時間が必要だ。

 

昨年末に知り合った女性とは、彼女が年末年始は田舎に帰るってんで、疎遠になった。

最後に会ったときに、「handyさんは、自分のことばかり話すのね、自分語りが多い

のが気になる」とか、「あなたに合いそうな女性はこんなタイプね」「今度は合コンしよう」ってな会話になってきた・・

それはもう、「恋愛対象としてはあなたを見ていないよ」といっているのようなもので・・・

こちらとしては4~5回も合っていれば好意を持っていると考えていたのだが・・

彼女はまだ、そんなことは考えていなく、こちらの好きだよオーラは空回りして、

なんか段々と息苦しくなってきてしまった、そんなタイミングでの帰省でもあった。

 

(自分語りは正直笑ってしまった・・たしかにそうだ と、

自分のことを知ってもらいたい、って気持ちもあるのだが、そんなたいしたことない人間の自分語りなんて、つまらないよなー。興味を持たれるくらいのことしていないのに、自分語りって・・。)

 

アラフォー、アラフィフ同士の恋愛は、やはり難しいし、自分にはシンドイな、

お互いもっと他にいい人はいないか とか、この人がベストと思えていないと考えてしまうし、加点じゃなくて、減点でお付き合いになってしまうと、だんだんとモチベーションが下がる・・

若いころだと、夢中になっていたのに・・

義務感が出てしまうと、苦痛になる。

だったら一人でいいやって思うともう駄目かもしれない。

お互いに凡人であることを認めつつ、ここからいい方向に一緒に歩いていければ理想なのだが、男女の場だとお互いいいところを見せようってかまえてしまうし・・あー

 

 

もう一人で過ごすなら、仕事だって選んで、時間が取れるようなこと、

この先の人生を左右する、生き方、過ごし方、くらいの気持ちで選びたい。

その仕事をするためには、どんな知識が必要なのか?

同じITとかでも、色々な働き方がある、

なんか目指すべきものがモヤモヤとある、それをどれだけ具体化できるかだよなー。

今年は、自分が主役になるような年にしたい、いや するんだ!

 

 

いい女は売れ残る

クリスマスイブ。

以前お会いしたアラフィフ女子とデートできることになった。

その方は、年齢よりは若く見えて、上品で、世間的に相手の話も聞くことができる、ちゃんとした人。

若い時は相当美人で もてたんだろうなーってことが想像できる。

いい会社で、商品説明で登壇したりしていたらしい、会社の顔になるくらいの人。

 

お話していて、結婚感とか、経済観、相手に求めること、これからの人生みたいな話をしていて、仕事に没頭していて、気づいたらこの年齢になってしまった、

子供は40歳過ぎたあたりから諦めているとか、現在の仕事は辛くて、パートとかでカフェの店員とか気軽にやりたい。

みたいな会話をしていた・・

 

自分は、好意はもっている、

相手もわざわざイブに時間を割いてくれたわけだし、会うのも5~6回目になる。

前回の婚活で知り合った女性とは、半年たってフェードアウトした。

周囲から、そんだけ会ってやることやっていないお前が悪い、普通キスとか、その先のことはさっさとやってしまうもんだ、女性もある程度それは覚悟している。

多少強引にでもやらないと、話が進まなくなり、相手の情もわかない。

 

と、恋愛講義を受けていたわけで、確かにそうかもな、と納得して 今回は、ちょっと熱心に好きアピールとか、体に触れてスキンシップを試みたわけだが・・

 

相手のガードが高いこと、やんわりとかわす姿は手馴れており、

いろいろな男から好意を持たれて、そのかわし方ができてるんだろうな・・と考えてしまった、恋愛が苦手でスキンシップもままならない自分には到底無理だ・・。

 

相手ももういい年で、このまま一人で死んでいくのかーとか、結婚相手がみつからなかったら、親しい女性でシェアハウスで生きていくだの話ていた が、

それが本意でなく、結婚は諦めたくない。とも言っていた。

婚活の場で知り合って、その後二人きりで会ってそんな会話をすれば、それは、間接的に

「あなたと、上手くいけばそれが変わるかもしれない」

ってことだよな、と自分なりには考えるわけだが・・

どうも一線は超えてこないし、ガードが高い。

 

クリスマスに会うってことの意味も、この年になると普通の日だよねー

って本当にそう思っているようだ・・自分が一応 友達として重くないプレゼントを渡したけど、相手は「ごめんなさい、何も用意していなかった」の一言。

 

別れ際に がんばって好きアピールを再びしてみたけど、

若干 苦笑いで、今はまだそんなに乗り気じゃない とか、私が本気になったら面倒くさいし、もっともっと意見を言うよ。とのお話でその日は別れた・・

ハッピーメリークリスマス、とは言えないモヤモヤした気持ちで帰宅。

 

いい年した男女の恋愛ってお互いがある程度歩み寄らないと成立しないと思うのだが、

押したら引かれてしまうと、それを追いかける気にならなくなってしまう・・

立派な会社に勤めて、周囲もハイレベルな生活や、相手を見つけたとか、そんなこともあるのかもしれない。

周囲に結婚したよって紹介する相手が、なんか残念だ とか、それなりにステータスがある人間は、売れ残るってしまうと、別なことでも抵抗があるのかもな・・

ただでさえ、日々の生活、仕事で時間もなく、そこから婚活して、1から相手を見つけて信頼関係を作るってことだけでも大変なのに、そんなことまで考えたら相手なんか見つからないよ。

 

でも、自分も「そんなこと気にするな」とか、

「俺について来い」的なことまでは、言えていない、心に引っかかりがあるのも事実。

相手の気持ちは、自分の気持ちを映してしまっているのか!?

でもそれだからこそ歩み寄りが大事で、ドンドン好きになるって勢いが必要なんだけど・・またフェードアウトの予感が出てきたよ・・

 

老いの世界

ファミリーマートAmazonの商品受け取り、

ファミポートで2組の何桁かの数字を入力して、レシート発行してレジで受け取りって寸法だが、すでに店員と老人がファミポートで一生懸命なにやら操作していた・・

古びたメモ帳に細かく書かれた数字を入れてる。

間違っているのか入力エラー、それを何度も繰り返しているようだ・・

店員も先ほどの数字はもうエラーだったんで、使えないようです。

みたいなこと言っているけど、老眼で眼鏡を上げ下げしてもう一回入力しようとする御老人・・

 

うーん、こっちはすぐに終わるから、先に入力させてくれないかなーと

数分待つと、店員が気を利かせて、もう一度確認してから入力しましょうと、

譲ってくれた。

その際に、ご老人も会釈してくれたので、まあよかったなと、イライラすることもなかった。

 

が、自分の考え方で、その老人の立場だったら、なんか気が滅入りそう・・

今まで平然とできてきたことが、できなくなってきたことを実感するようになったり、

体力も落ちてきたり、これが老いかと思う日々。

テレビゲームだって、思うように操作ができないことがストレスで、あまり遊ばなくなった。 頭ではわかってて、

ここをジャンプして、あのロープをつかむんじゃないの!

って思っていてそれが操作できない現実、3D空間の認識とか、馴れもあるのだろうが、正解がわかっているのに、それを表現できないもどかしさ・・

 

それに近い感覚かもしれない

たぶん、メモが間違っているだけなんだろうけど、

自分の番なのに、わざわざ後ろに並びなおすってのは、人間心理としてはいい気持ちじゃないし、こちらに気づいていて、何度か間違う姿を見ていると、なんか辛い。

自分も、そうなって、若者に邪魔者扱いされる日が繰るかもしれない、いやくるんだろうな・・

 

技術の進歩でいろいろと便利になったけど、もっと楽に入力できる仕組みとか、生態認証とかで商品の受け取りができるようにならんもんかのー

まだこの世の中は老人には厳しそうだ・・

片手間で仕事したい

仕事の話ばかりだけど、色々と考えてしまう世代、状況なんだろうなと思う。

40代男性の自殺率が高いってのをどっかで読んだ気もするけど、なんか納得してしまう。

 

職場であまり未来が無いよなと思う状況(使い捨て、その場限り)、内容だと個人的には思っている仕事でも若い人達は、一生懸命働いている。

(中にはサボってたり、手抜きなことしているのだが、そんな人達は自ずと視界から消えていくもので、一所懸命な人が目立つようになる)

 

そんな姿を見てても、自分は 仕事に一生懸命になるような状況じゃないよなー と思っている。

契約だっていつ切れるのかと思っているし、この仕事は自分の人生においての比重は高くない。と、思っている。

 

会社側からもそんな態度が透けて見えるのか、仕事の割り振りがあまりされなくなってきたような・・ちょうどプロジェクトの切り替えで空いているってのもあるけど、

同じような能力なら、やる気のある方に仕事は振られるってことだ。

(いい傾向ではあるが、頑張らないと仕事からドロップアウトしてしまうってのが問題だ)

個人的には望んだ状況だけど、せっかくこの職場を紹介してくれた先輩には申し訳ない気持ちになる。

その先輩に「もっと頑張れよー」ってハッパをかけられて、

「はい、頑張ります」って言ってしまう・・

(流石に、適当に仕事したいんです、とか定時に帰りたい

 あわよくば労働時間は半分にしたいんです ってのは言い辛い)

 

給料も、3/5で良いから、週3とかで適当に働いていたいのだが・・

皆頑張っているんだから、お前も頑張れーって日本起業の悪しき習慣があるんだよなー

政府の 働き方改革 ってのは期待しているけど、それが実現するのは当分先だろう

それこそ 週5の8時間労働+残業って、いい加減なんとかしてほしい。

 

自分の能力の半分くらいで、時間も半分で仕事して、生きていけたらなー

実質労働は現在の1/4ってことか。

現在は自分の能力・時間の8割くらいは割いているようなイメージだし、

能力のないことも求められるが、学ぶ時間は無いから、プライベートを割いて能力を身につけないといけない。

でも、プライベートは仕事に割きたくないので、段々と陳腐化してしまう。

なんか負のスパイラルだw

 

さっさと契約切れて次のこと考えられるようになるのがいいのかな?

とは思うけど、やりたいことをしないと、また同じような状況になるだけだろう。

今の現状維持をしつつ、なんかビジネスの種とか、チャンスを探している

それが見つかったら、今のところの契約は更新しない。

って気持ちで日々過ごしている。

大きな仕事が割り振られませんように・・